昨日の敗因は間違いなくこれです。加藤の変えるタイミングを確実に間違いました。7回のイニング頭から高梨でいくべきでした。加藤は、先発をやったり、ワンポイントやったりと定まらない起用法の中で、苦しいブルペン陣を支えています。高梨は今シーズン、先発投手として練習試合、オープン戦を起用されてきました。先発投手陣の数が足りているためにリリーフにまわりました。そういう経緯から考えても、イニングの最初から行かすのが良かったと思います。

 

 メンドーサのところはまだわかります。先発投手でしたし、ナバーロは右バッターなので加藤は行かしづらい。何とかしてほしいと我慢する。ただ、ここでナバーロに加藤を当てないと判断したなら、4点目の場面、なぜ加藤が続投だったのか。角中までで良かったのではないか。谷元という選択肢はなかったのか。かなり疑問が残る継投でした。

 

 最終回に抑えの西野を攻めれたことは必ず今日につながるでしょう。これで、2戦連続で西野を打っていることになるので、チームといても抑えが出てきても嫌なイメージを持つことなく望めます。

 

 また5割を切ってしまいましたが、2位ロッテとの上を目指すためには重要な試合です。このカード勝ち越して、札幌ドームでのソフトバンク戦に臨みたいところです。